よく言われます。

 どうも、ぴっぱらです。

来院して頂いた皆様に、様々なお声をかけていただきます。 先日もある患者に「痛かった(治療が)ー! でも後で楽になるからね!!」

と言われ、またある日に別の患者に「(疲労や痛みを)溜めてきました・・・覚悟してきました!」とお言葉をいただきました。

ぴっぱらの治療は、患者本人にも気付かない痛みの原因を、触察で探し出し刺激を与えて治療します。つまり悪くなってる箇所にダイレクトで刺激を与えるので、悪ければ悪いほど治療が痛いと感じてしまいます。

なのでよく「痛い」と言われてしまいます。もちろん後でリターンはバッチリありますし、文字であらわすと「痛い」ですが、「痛い」けど良くなりそうと実感できる「痛み」で、叩かれたですとか刺された痛みとは違う種類の「痛み」なので安心して下さい。

・・覚悟はいるかもしれませんがね(笑) 後は当然ですが悪くなければ「痛く」ありませんよ。悪い箇所を捉える時に揺らしながらしっかりと捉えるのでむしろ心地よく眠ってしまう患者も多いですしね。

眠ってしまう方もいますよと、上記の患者に話すと「信じられない!」とおっしゃっていましたがね。その返しもよく言われます😖😖😖

では、ぴっぱらでお待ちしております。

この記事へのコメント