特診マッサージ 90 について

ぴっぱらのメニューに「特診マッサージ90」というのがあります。


こちらの治療について、最近、御予約、お問い合わせが増えておりますので、
今回は、特診とは、どういった治療なのか、こちらでも御説明させて頂こうと思います。


患者様からの質問で多いのが
「ベーシックの60や30とどう違うの? 時間が長いだけ?」
という質問がほとんどです。

たしかに時間は90分くらいかけますので長いのですが、それだけではありません。



違いを説明する前に、ぴっぱらでの治療を簡単に説明させて頂きます。

当院では、
①痛みなどの症状の原因である「しこり」を見つる
②その「しこり」に、的確な刺激を断続的に与える
③その刺激により局所的な神経性炎症反応を起こし「しこり」を変化させる

・・・・とこれだけなんですが、

その「しこり」を見つけるために、あっちを刺激したり、こっちを刺激したり・・
それによって起きた変化にあわせて、また刺激して、その変化を予測して計画的に治療する。
・・・・・これが当院ぴっぱらの治療になります。



では特診では何が違うのか・・・・

一言で言えば与える刺激量が違います。


ベーシックに比べればかなり刺激を入れることになります。



先ほどのぴっぱらの治療の説明に《②~的確な刺激を断続的に与える》と書きましたが、
この刺激を、だいたい60分ほど受け続けると、
体内でのオピオイド(内因性麻薬類似物質の総称)系の反応が高まります。
これにより、痛みだけでなく圧や触なども含めた体性感覚の減少がおこり、
通常では的確な刺激にならない強い刺激も的確な刺激として与えることができるので、
刺激量がちがってくるのです。



この決定的な刺激量の違いがベーシックと特診の違いです。



もちろん刺激量が違えば、治療後の反応も大きくなりますので治療効果はかなり期待できます!!!

ですが、体全体に麻酔をかけ、普段では強すぎる刺激を、がっつり入れることになるので、
体への負担や反応も強くなります。

受けられる前には、まず一度、御相談下さい。




その他、特診治療について、詳しいことや、わからないことがあれば、
何でも、お気軽に、どんどん御質問下さいませ。

御来院頂くのが一番わかりやすいですが、もちろん御電話やメール等でも、受け付けておりますので、
よろしければ、こちらも御活用下さいませ




では今回はこの辺で・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック